コンサル起業:要件定義と設計にノーコードを使う

コンサル起業:要件定義と設計にノーコードを使う

テック・コンサルとして起業する。

それは、テクノロジー・コンサルティングをサービスとして提供することを意味します。つまり、技術コンサルタントです。

テクノロジー・コンサルタントとは、クライアントがテクノロジーを活用して課題を解決するのをサポートします。

最近でいうと、デジタル化やデジタル・トランスフォーメーション(DX)における重要な役割を担います。

テック・コンサルとは

PwCのブログ「Technology Consultants: What do they do? And how ‘tech’ do you need to be?」には、こう書かれています。

Traditionally, these transformations have been geared towards improving business processes, reducing costs, maximising use of tech opportunities, and more. Today, they encompass so much more – from digital strategy to technology change projects.

ざっと翻訳すると、以下のようになります。

これまで、これらの変容(課題解決)はビジネスプロセスの改善、コスト削減、テック活用による機会の最大化などに向かっていました。今、もっと多くのことが含まれています。それは、デジタル戦略からテクノロジー変更までに及びます。

つまり、テック・コンサルの役割と責任がどんどん増えています。いいかえると、領域が拡大しています。テックがカバーする範囲が増えているからです。

ノーコード系テック・コンサル

ノーコードを活用した、コンサルティングの場合も同じです。

ただ、いわれたとおりプロトタイプをつくるのは、受託開発です。タスクを丸投げするのは、中間管理職です。

個別化された状況を把握せずに製品を販売・導入しようとするのは、パッケージ化された製品のセールスパーソンです。

テック・コンサルとしてノーコードを活用するには、いくつかのポイントがあります。今回ご紹介する動画は、テック・コンサルとノーコードについて解説しています。

カンタンにいうと、今回は「開発プロジェクトにおける、要件定義と設計」についてです。つまり、ノーコードを要件定義と設計に使おう、ということです。

ノーコードで要件定義

では、要件定義とは何でしょうか。

要件定義とは、クライアントが漠然と構想しているビジネス・アイディアを明確にしていくことです。多くはそれを「書類」と考えていますが、定義は書類でなくても構いません。

それは、実用最小限の「静的な資料」と、ノーコードでつくられた「動的な仕様」です。

例えば、リーンキャンバスとノーコードでプロジェクトをスタートできます。もっといえば、概念実証のフェーズはそれだけでよいこともあります。

この時点で、設計もできていることに気づかれたはずです。

ノーコードで設計

さらに、本格的に開発プロジェクト化するとしても、動く仕様は有効です。

まず、ロジックがハッキリしています。そして、拡張ポイントが明確です。さらに、あわせ技からフルスクラッチ開発へ、移行を段階的に実施することも可能です。

例えば、Integromat日本コミュニティがサポートしている「Integromat」を例に取ります。

Integromatのシナリオを「コンテキスト」ごとに作成すれば、それは仕様になります。そして、その仕様はロジックの検証が済んでいます。なぜなら、動かしてエラーも解消しているからです。

後は、プログラマーがフルスクラッチ開発、もしくはAPI連携に必要な工数を見積もることができます。コンテキストごとに分割された仕様なので、アジャイルに見積もりやすいです。

工夫次第で、ユーザーストーリーやドメインモデルとマッピングも可能です。

こうやってざっと考えてみると、テック・コンサルはノーコードがうまく使えるだけでは力不足だということがわかります。

スキーム開発、要件定義、システム設計、もっといえばマーケティングの知見も求められます。ということは、分析や設計のセンスも必要になります。

それだけではありません。プロジェクトマネジメント関連のスキルも重要です。クライアントやプログラマーの「ブリッジ」として、効果的な対応が求められます。

そこに、手段としてノーコードを採用するイメージです。

テック・コンサルになるために

とはいえ、いきなり全部はキツイです。

そこで、ツールをトリガーにして、コンサルスキルを磨いていく方法があります。

いわゆる「コンテキスト」をシナリオで表現する練習をしながら、コミュニティでレビューやサポートを依頼することができます。

コミュニティSlackでは、無料でサポートを受けることが可能です。逆に、サポートを提供することも可能です。分かち合いと助け合いのコミュニティです。

参加、お待ちしています!

ノーコードで自動化を!

Integromat日本コミュニティへの参加はこちらから